月別アーカイブ: 2014年11月

内閣府主催のイベントに参加しました。

企業×女性起業家×学生の出会いで社会を活性化!「ビジネスにも運命の赤い糸ってあるんです」

のイベントの1ステップとして、先日、お茶の水女子大でプレゼンを行ってきました!

大学の教室の教壇に立つのは何十年かぶり。

とても緊張しましたが、すごく貴重な体験をさせていただきました。

20141121お茶の水女子大にて1

未来の日本を託されるお茶の水女子大の女子たち\(^o^)/

20141121お茶の水女子大にて2

こんな写真を撮ってもらいました。
緊張のためか全然覚えていません(^_^;)

主催:内閣府、男女共同参画推進連携会議、お茶の水女子大学、一般社団法人東京ニュービジネス協議会、J300実行委員会

目の好転反応(めんげん)

11月に入ってからも、ものもらい(めばちこ)は続き、昨日はさらにひどく下まぶたが腫れるようになりました。

冬が近いからでしょうか。冬は毒出しの季節と言われています。

私は昔から前髪は左に分け目がある髪型にしていて、どうしても右目に髪がかかりやすくなっています。

何十年も右目の下まぶたには髪の毛が触れて小さな傷が常にできていたんでしょう。

その傷をいっぺんに治している感じがします。

今までも疲れたときは右目の下まぶたが腫れぼったくなっていましたが、

こんなに膿を持って腫れたことはありません。

まばたきをする度痛みます(^_^;)

明日4名の方とお会いする予定ですが、びっくりされるかも・・・(汗)

秋の快適冷えとりキャンペーン実施中
あなたはどこが冷えていますか?

新聞(フジサンケイビジネスアイ)に掲載されました。

10月27日、フジサンケイビジネスアイという日刊新聞に私の記事が掲載されました。

シルクという素材には無限の可能性があることをお伝えしました。

衣類以外のシルクの活用法はまだ一般的には認知されていませんが、医療や内装材、サプリメントなどすでに商品化されているものもあります。

もともとがアミノ酸でできているので人間の肌に親和性が高く、これからの研究に期待されています。

産経新聞1-1000

産経新聞2-1000

電子版はこちら

10月の風邪は夏風邪

5日ぐらい前から、くしゃみがすごく出るところから始まり、本格的な風邪を引いていました。

10月にひく風邪って、夏風邪なのか、冬の風邪なのか、どっちでしょう。

風邪をひく直前に肋骨のあたりが痛くなりました。私は帯状疱疹になったことはないけれど、

帯状疱疹で痛む部分です。

目にものもらい(めばちこ)が出来、口内炎もできました。

何か悪いものが出てきてる予感がしていました。

風邪のウィルスは冬の乾燥で増えて風邪が流行し、春になると空気中には全くウィルスは飛んでいない状態になります。

それなのに、春でも夏でも風邪をひくのは体の関節部分にウィルスが潜んでいて、

毒出しのタイミングで体中に広がり増えるのです。

よく疲れたときとか免疫が落ちたときというようなことが言われます。

私の場合、肋骨が痛んだときウィルスがそこから広がったのではないかと思います。

つまり、今回の風邪は夏風邪だったということです。

毒出しでは必須の風邪です。

冷えとり健康法では、体が毒を出してくれると考え喜んで迎えるのが良いとされています。

秋の快適冷えとりキャンペーンスタートしました。
おすすめはこちら